愛の黙示録 上映会

 10月1日(土)14時から地域の方々をお招きし、故郷の家デイルームにて映画「愛の黙示録」上映会を行いました。
③枠付き 
 当日は、地域の方々
31名がお越しくださいました。
⑤リサイズ ④リサイズ
 上映後、プロデューサーの佐野良一さんから、ご挨拶と制作秘話を聞かせていただき、参加者との交流を深めることができました。

秋 ライン3 
 
 「愛の黙示録」は当施設を制作事務所とし、
1995年に完成した日韓合作映画で、当法人の尹基(ユン・キ)理事長の母・田内千鶴子さんを描いた作品です。
 田内千鶴子さんは韓国木浦で
3000人の韓国孤児を育て、「木浦の母」と慕われました。

   ②リサイズ
  佐野良一プロデューサー(写真右)、小久保施設長(左)、大澤介護課長(中央)

佐野プロデューサー紹介
 佐野良一さんは、元韓国日報記者で、その後プロデューサーに転じ、日韓間で演劇、コンサートなどを制作されていました。
2001年突如病に倒れられ、その後車いすでの生活を送られています。現在は、故郷の家でショートステイをご利用しながら企画や執筆活動をされています。
 1983年10月31日、木浦共生園の55周年へ行かれ、共生園のたたずまいと木浦の環境、食べ物の美味しさにも感動されたそうです。
 1984年には木浦共生園の子供達の為に開かれた故菅原文太氏プロデュースによる「金蓮子 愛の贈り物」チャリティーコンサートの企画に携わり、「福祉は文化」という尹基(ユン・キ)理事長の言葉に感銘を受けたと話されておりました。
   
秋 ライン3

 故郷の家は、キムチと梅干が食べられる老人ホームです。
日韓交流の一環として「コリアジャパンデイ」も毎年開催しており、今後も定期的に上映会を続けていきたいと思います。










2017.10.26 | イベント

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

故郷の家(堺市)

Author:故郷の家(堺市)
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR