認知症サポーターになりましょう

20120119122722be1.jpg
2012年 故郷の家・堺では、
「故郷の家で働く職員全員が認知症サポーターになろう運動」
を展開しています。



故郷の家には、キャラバンメイト(講師)の資格を持つ職員が、2名在籍しており、昨年より施設内にて随時、「認知症サポーター養成講座」を開催しております。

写真② 写真① 




こうして今では、全職員の約6割が認知症サポーターになっています。

厚生労働省が推奨する「認知症を知り地域をつくる」キャンペーンですが、
まずは故郷の家の職員が認知症サポーターとなり、この輪がどんどん地域へと広がっていくことを望んでいます。









認知症サポーター養成講座、認知症サポーターとは・・・
認知症を正しく理解し、認知症の人やその家族を温かく見守る応援者になってもらうことを目的としています。

認知症サポーターは、認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけます。この「オレンジリング」が連繋の「印」となるのです。

                     オレンジリング2  
※詳しくは、『認知症サポーター100万人キャラバン』のHPをご覧下さい。
 (HP:
www.caravanmate.com/whats.html

2012.01.27 | イベント

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

故郷の家(堺市)

Author:故郷の家(堺市)
FC2ブログへようこそ!

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR